株式会社ブレイン 2019年冬の新商品「ヒートベスト ブラック」 - 株式会社ブレイン熱中症、防災用品の企画・製造・卸

トップページ > 2019年冬の新商品「ヒートベスト ブラック」

2019年冬の新商品「ヒートベスト ブラック」

昨年より話題沸騰だったヒーター内蔵ベストの新バージョンが登場!
早くも多くのお引き合いを頂いており、入荷予定枠は次々と売約が決まっております。

一般販売は11月下旬~全国のオフィス衣類売り場などで開始の予定です。

カーボンファイバー内蔵ベスト

ヒートベストはウェア前後の内部に電熱線を内蔵し、バッテリーと繋いでウェア自体を発熱させる仕組みです。

ブレインのヒートベストの電熱線は、炭素100%のカーボンファイバーなので、とても軽くて丈夫です。

 

スイッチONでスピード温暖

ヒートベストは電源を入れた瞬間からカーボンファイバーが熱を発します。必要な時にサッと着てすぐ温まるので、冬の活動を力強くサポートします。

動画内では、スピーディーな発熱をサーモグラフィーで計測しています。



約一分間で30度まで温度が上昇しました。計測は裏地を表にしているので単純に電熱線の温度を測った形になり、実際の着用体感温度とは異なります。

裏地は本来、胴体に密着する部分ですので、計測温度に人の体温がプラスになり、また中綿の保温力も加わり、体感温度はもっと高くなります。

利用シーン

建築・建設の現場、雪作業など野外作業での利用はもちろん、外回りの多いサラリーマンの方や、

ご家庭でも、朝の寒い時間の作業には、枕元にヒートベストを用意しておけば朝起きてサッとベストを着てしまえば、

スピーディーに温まるので寒さに震えることなく布団から出ることができます。

 

「BR-032」「BR-038」商品の特徴

ヒートベスト2019年バージョンの特徴は以下になります。

胸ボタンで温度調節(3段階)

ヒートベストは三段階の温度調節が可能です。

胸部の操作ボタンをワンタッチで電源ON-OFFや温度切り替えができるようになっています。

バッテリー収納ポケットがウェアの内側についており、接続ケーブルもウェア内部を通しているので、

引っかかったり絡まったりということもありません。

 

裏地アルミ蒸着で温度が逃げない

ヒートベスト裏地はメッシュとアルミの張り合わせ加工。

アルミ蒸着が熱を逃さず、温かさが持続します。

昨年バージョンはプリント加工だったのに比べ、裏地が剥がれないようになっています。

 

表地PU加工で中綿が出にくい

表地の裏側もPU加工(ポリウレタンコーティング)というものを施しており、中綿が出てこないという効果があります。

同時に生地が水を通しにくくなるので、表地は弱撥水性ということになります。

多少の水分には強く、汚れもつきにくくなっています。

 

温もりと着心地の良さの秘密は “中綿”

パワフルバッテリーと高純度カーボンファーバーで強力な発熱性能のあるヒートベストですが、

ウェアである以上着心地が良くなければ毎日使いたいアイテムにはなれません。

高品質な防寒着といえば第一に上がるのはダウンです。

空気をよく含むので保温性が高いことと “軽くて” “柔らかい” というメリットを併せ持っているところが優れている素材なのです。

ヒートベストの品質向上とコストの兼ね合いを探り、ブレインが採用したのは「プリマロフト®」という人工羽毛素材でした。

 

実績ある素材「プリマロフト®」

プリマロフト®は元々、アメリカ国軍が高機能な防寒素材の開発を依頼し生まれたものです。

微細なポリエステル繊維からできており、羽毛の作りをまねることで、

ダウンの “軽くて” “柔らかい” メリットを実現しました。

更に、ポリエステルならでわの「撥水性」も持っていますので、雨風に強いというのもポイントです。

 

高機能は構造にあり

プリマロフト®は、ポリエステルでありながら様々な太さの繊維を組み合わせることで、羽毛に似た構造を作り上げることができました。

均一な太さの繊維を組み合わせるより複雑な素材構造になるので素材が空気をたっぷりと含み、

それにより「断熱性」「保温性」「保湿性」がぐんとアップしました。

 

羽毛アレルギーの方も使える

人工羽毛なので、ダウンの良さを備えながら動物性たんぱく質は含まれない素材です。

また羽毛に比べてホコリも出にくいので清潔に使え、羽毛アレルギーの方だけでなく、お子様や肌の敏感な方にも安心してお使いいただくことができます。

外部リンク ■ 株式会社ディーブレス公式サイト「プリマロフト®とは」
https://www.d-breath.co.jp/primaloft/about/index.html

 

「立ち襟」「ベスト」2タイプ

昨年に引き続き、ヒートベストには「立ち襟」と「ベスト」の2種類があります。

BR-032 立ち襟の特徴

首回りもカバーする立ち襟ベスト。
左胸の表面に操作スイッチがあります。

アウターとしても使えるスッキリとしたデザイン
※首部分には電熱線は入っていません

サイズ
長さ 肩幅 身幅
M 67cm 43cm 54cm
L 69cm 44cm 56cm
LL 71cm 45cm 58cm
XL 73cm 46.5cm 62cm


■BR-032 商品ページへ >>>

 

BR-038 ベストの特徴

首回りがVネックになったベスト。
左胸の内側に操作スイッチがあります。

襟がないのでコートやスーツの下に着ると外からは見えません。
インナーにも便利なデザインです

サイズ
長さ 肩幅 身幅
M 65cm 41.5cm 52cm
L 67cm 43cm 54cm
LL 69cm 44cm 56cm
XL 71cm 45cm 58cm


■BR-038 商品ページへ >>>

 

セット内容

ヒートベストは、ウェアと機器類のセット商品です。
※ウェアのみの販売は行っておりません

  • ウェア
  • バッテリー
  • 充電器
  • 収納バッグ

温度、バッテリー稼働時間

ウェア内温度 60℃ 50℃ 45℃
表面温度 45℃ 40℃ 35℃
充電時間 3~6時間
使用時間 4~5時間 6.5時間 11時間

※温度、使用時間等は目安です。環境、状況により異なります。

バッテリー 電圧:7.4V 容量:5200mAh、38.48Wh
92mm×72mm×22mm
充電器 出力:DC 8.4V、1200mA
コード長:115cm

お手入れ

ヒートベスト

毎日使うものだから、お手入れもしやすく改良しました。

  • ① 毎日のお手入れは、硬く絞ったタオルで表面の汚れを拭きとってください。
  • ② 汚れがひどい場合は、30度までのぬるま湯及び水で押し洗いをしてください。
  • ③ 乾燥は日陰で平干しし、完全に乾いてから使用してください。

※必ずバッテリーを外してください
※ヒーター内蔵のため絞らないでください
※もみ洗い不可
※洗濯機不可
※乾燥機不可

昨年モデルとの比較

ヒートベスト昨年モデルは二種類のカラーがあります。
2019年モデルとの違いは下記になります。

「BR-002 ブラック/迷彩」「BR-008 ブラック/迷彩」性能表

2019年 新モデル 昨年モデル
品番 BR-032、BR-038 BR-002、BR-008
洗濯 手洗いのみ可 不可
電源(温度) 手動で切り替え 5分経過後に自動で下がる
製法 表地の裏にPU加工(綿が出ない) PU加工なし
裏地 メッシュとアルミの張り合わせ加工(プリント不使用の為剥がれない) プリント加工(プリントが剥がれる場合がある)
服の中綿 プリマロフト® ポリエステル

ホームページにある商品の企画書にある日付は弊社が商品の企画を始めた日付であり、ホームページでの商品ページの作成日、企画書をアップロードした日又は商品の販売を始めた日付ではございませんので、 予めご了承ください。

Search