株式会社ブレイン 空調服を着こなす-気化熱について知る - 株式会社ブレイン熱中症、防災用品の企画・製造・卸

トップページ > 空調服を着こなす-気化熱について知る

空調服を着こなす-気化熱について知る

今や夏の作業の必需品となった空調ウェア。

作業服の腰部分に小型の扇風機を取り付けた構造で、その冷感効果からブレインでも毎年大人気商品となっております。

 

涼しい仕組みは扇風機と同じ

空調ウェアの冷却機能は、扇風機と同じです。

扇風機の風を浴びると何故涼しく感じるのでしょうか?

『風を浴びると涼しいに決まっている』と思われるかもしれませんが、高温多湿環境だと、流れてくる風も温く汗も乾かないので不快に感じる方が多いでしょう。

つまり、扇風機で風を浴びて涼しく感じるには一定の条件があるということになります。それを細かく見ると二つの理由によります。

 

温められた空気の層を吹き飛ばす

人は、自分の体温で温まった空気に包まれています。空気というのは少し粘りがあり、水のようにサラサラと流れて循環してくれず肌の周囲にまとわりついて離れません。

扇風機で風を浴びることにより、肌がまとう温められた空気の層を吹き飛ばしてくれるので、まだ温められていない新しい空気に触れることができ涼しく感じられます。

汗の気化で温度を下げる

水分は蒸発するとき、周囲の熱を吸収していきます。

汗をかいたり肌が濡れていると、扇風機の風を浴びて肌の水分が蒸発します。その時、一緒に肌表面の温度も吸収されていくので涼しく感じられます。

ブレインの『空調エアコンⓇ服』が涼しい秘密

当社ブランドの空調ウェア『空調エアコンⓇ服』シリーズは、これら風を受けることによる冷却現象を最大限に生み出すことを念頭に設計しました。

熱を逃す

腰位置の小型ファンから取り込んだ風が、胴体部分をくまなく循環し首の後ろから抜けていきます。

ソデ、スソは風を逃さないように体にフィットする設計。襟は高く伸ばしヘルメットに装着すれば頭部にまで風を押し出すことができ、ヘルメット不使用時にもスランドカラーを伝って首元から風が逃げられるようになっています。

いくら衣類内で風を循環させても、熱がこもったままでは涼しくありません。空調ウェアの口コミで「使用している内に汗をかくので冷却効果が薄くなる」というご意見はこのことが原因です。

ブレインの『空調エアコンⓇ服』は服の中では風を逃がさない工夫はもちろんのこと、風の通り道をしっかり首元に作ることで服の中にたまる熱をどんどん逃がし、小型でも強力なファンで衣類内全体に新しい風を送り込むことができるのです。

気化冷却

ブレインの『空調エアコンⓇ服』は、衣類の内外でどんどん空気を入れ替えていくので、汗が乾いて気化する冷却効果が大きくなります。

首を包むようなスタンドカラーから風が逃げる構造も、皮膚が薄く太い血管の通る首を重点的に気化冷却できることがポイントです。

効率的な冷却を追求した構造は特許を取得

襟を伸ばしてヘルメットにも風を送り込めること、またヘルメット不使用時でも風の通り道であるスタンドカラーにできることは、ブレインの空調エアコン服が特許を認められた大きなポイントの一つです。

『空調エアコンⓇ服』の特許内容について詳しくはこちら>>>

 

この夏、ぜひブレインの空調ウェアを体験してください。

今年はラインナップを大幅増加した『空調エアコンⓇ服』シリーズ。昨年即完売したの話題の空調ベスト™もご用意しております。

長袖、ツナギ、高視認性など、機能バリエーション豊富。お手元の制服や作業着を空調ウェアにリニューアルできる自作キットなど、用途に合わせて最適な商品をお選びいただけます。

空調エアコンⓇ服シリーズ 種別一覧はこちら>>>

空調エアコンⓇ服 自作キットシリーズはこちら>>>

ホームページにある商品の企画書にある日付は弊社が商品の企画を始めた日付であり、ホームページでの商品ページの作成日、企画書をアップロードした日又は商品の販売を始めた日付ではございませんので、 予めご了承ください。

Search